ゆきこの気まぐれNOTE

遊んで暮らす人生を全力で考える雑記ブログ

「昨日勉強した?」高3の時毎日聞かれてうんざりした話

スポンサードリンク

f:id:yukiko0131:20170621103419j:plain


前回はこんな記事を書きました。


www.yuki-livefreely.com



中3の時知り合った一人の女の子に、受験の直前に進路を真似されて、同じ高校に通うことになりました。


そしてしばらく時が経ち、これは高校3年生の話です。


大学受験を控えた私たち

高3はクラスが一緒でした。


私はゴールデンウィーク中に部活を引退しました。


毎日15時過ぎに学校の授業が終わって、16時前に家に帰る生活を送っていました。


その子とは家が近かったが、私は放課後すぐに教室から飛び出していつも一人で帰ってた。


何故ならばその子と一緒に帰りたくないからだ。


つまり、放課後から次の日の朝再び学校で会うまで彼女は私が何をしていたのかは知らない。

登校して3秒後、必ず私のところにやってくる


彼女はいつもギリギリに登校していた。


彼女が学校についた頃に私はだいたい先に教室にいた。


彼女が登校してすぐに満面の笑顔でこう聞いてくる。



20170619135302
'

ねえ、昨日勉強した?(ニヤ)



それに対して私の答えもいつも決まっていた。


20170619135314
'

してないよっ(真顔)



それを聞いて彼女は安心するのか、「あはは」って大声出して笑う。


その笑いはどういう意味だったのか。


そんなことはどうでもいい。


知りたくもない。


ただただ私は毎朝のこのやりとりにうんざりしていた。