ゆきこの気まぐれNOTE

遊んで暮らす人生を全力で考える雑記ブログ

「仕事行きたくない」と思ったわたしが実際に取った3つの行動

スポンサードリンク

f:id:yukiko0131:20171009151017p:plain

 
サラリーマンの人なら、一度は「仕事行きたくない」と思ったことがあるはず。
 
わたしも会社員だった時、毎日のように思っていました。
 
毎朝目が覚めると、「あぁ、今日も仕事かぁ、行きたくないなぁ」と憂鬱になり、ギリギリまでお布団の中でこもっていました。
 
それでも、時間になったら、渋々起き上がり、急いで朝の支度をして会社に向かっていました。
 
そんな生活が続き、入社して数ヶ月経った頃に精神的な限界を迎えて、家出る直前に涙が溢れるようになりました。
 
さらに数ヶ月が経過して、わたしはその会社を辞めました。
 
今回はかつてのわたしのように、「仕事行きたくない」と思うようになってから、実際に会社を退職するまでにやったことをすべて伝えます。
 
 

*仕事行きたくないと思ったら、その日は休もう

仕事に行きたくないという気持ちは、身体が何かを訴えているサインです。
 
わたしは最初そのサインを無視して、無理やり会社に行き続けていました。
 
なぜなら、会社を休んだりしたら、休み明けに会社に行くときのことを考えたら怖かったからです。
 
「根性のないやつだと思われたら嫌だな」「自分だけ休みを取っていいのかな」とか、無駄に他人の目線を考えていたからです。
 
しかし、こうして自分の気持ちを無視しているうちに、精神的なストレスが限界を迎えたのか、毎日会社に行く直前となると、涙が止まらなくなるほど溢れていました。
 
そして、ある日わたしは、もうこの会社で働くのが無理だなと判断し、休むことに抵抗がなくなりました。
 
とある月曜日の朝、「今日は仕事休もう」と思い、すぐに上司に電話して、「風邪を引いてしまったので今日は休みます」と伝えました。
 
次の日もやっぱり「仕事行きたくない」と思ったので、また同じように仮病を使って休みました。
 
たまたま水曜日は祝日だったので、仮病を2日間使っただけで合計5日間の連休を取ることができました。
 
余談ですが、仮病を使って休んだ2日間は、当時通っていたホットヨガスタジオに行っていました^^
 

*当日欠勤が難しいなら、事前に有給を取る相談をする

わたしは会社に所属した期間が短いため、当日欠勤しても大した影響はありませんでした。
 
しかし、実際に当日欠勤する人は難しいという人もかなり多いと思います。
 
そういう人はやはり事前に有給を取る相談をしたほうがいいですね。
 
日本の法律では有給を取ることは義務付けられていますし、周りの人が有給を取っていないから自分だけ取るのは気まずいと思う必要はありません。
 
もし仮に有給を取ることを許されない会社であれば、その会社に見切りをつけないと、一生あなたはその会社の奴隷であることを抜け出せない。
 
「仕事に行きたくない」と思っていて、これからは幸せな人生を送りたいならば、恐れずに数日間の休暇を取りましょう。
 
 

*休みの間に現状を分析し、改善する方法を見つけることが大事

ただ休みを取って、ぼーっと過ごしているだけでは、今後の人生は変わりません。

 

1日休みを取れたとしても、次の日出勤する時間になれば、また憂鬱な1日が始まり、現状は何も変わりません。

 

もちろんリフレッシュのために、何も考えずにぼーっとする時間も必要ですが、現状に不満を抱えているあなたは、そんな呑気なことをしてる暇がないのです。

 

休みの時間こそ、あなたの今後の人生を変える鍵となっております。

 

ちなみにわたしは貴重な休みを使って、ホットヨガ行ってストレスを発散したり、転職サイトや転職エージェントに登録して、転職に関する情報を集めたり、パソコンスキルを身に付けようと、パソコン教室に通ったりしていました。

 

*未来を変えたいなら、とりあえず転職サイトに登録すべき

仕事に行きたくないという気持ちが芽生えているのは、何かしら会社に不満を感じている証拠です。

 

上司と合わないから人間関係がうまく行かないとか、激務で身体の疲労が溜まっているとか、給料が安いからとか、仕事のやりがいが感じられないとか、人それぞれあると思います。

 

どうしても今の会社で働きたい、もしくは働かなければいけない目的があるという人は、そのまま今の会社で頑張ればいいのです。

 

しかし、ほとんどの人にとって、ずっと同じ会社で働き続ける必要なんかありません。

 

会社に不満があるなら、その会社にずっとしがみつく必要はないのです。

 

「転職回数が多いと自分の職歴に傷つくだけ...」「勤務年数が短いから転職してもマイナスなイメージがつくだけ...」と弱気になる人が多いですが、本当にもったいないです。

 

わたしも新卒で会社に就職して、すぐに辞めたいと思っていたものの、今辞めたら転職できるはずがないと思い込んでいたので、結局自分を追い詰めていただけでした。

 

気軽に転職エージェントに登録したら、思いのほかことがうまく運び、気づいたら登録してから3ヶ月後には新しい会社で働いていました。

 

*今行動を起こせば、3ヶ月後の人生が変わる

わたしは新卒で入った会社を11ヶ月で辞めて、新しい会社に転職しました。

 

転職エージェントに登録したのは、入社して約8ヶ月たった頃の11月下旬でした。

 

次の年の2月頭に内定をもらい、3月から新しい会社で働き始めました。

 

実際に企業に応募したのは12月末だったので、実質の転職期間は3ヶ月も満たなかったです。

 

わたしは行動を起こしてからたった3ヶ月で人生が変わりました。

 

新しい会社に入ってから、前の会社のように仕事行きたくないと思うことはありませんでした。

 

それどころか、勤務時間が短縮した上に、給料も上がりました。

 

もしあの時、わたしは転職エージェントに登録さえしなければ、会社をやめることができませんでした。

 

何気なく起こした一つの行動が、3ヶ月後のわたしの人生を変えました。