ゆきこの気まぐれNOTE

遊んで暮らす人生を全力で考える雑記ブログ

仕事がつまらないと感じる3つの原因と対策方法

スポンサードリンク

f:id:yukiko0131:20170918134912j:plain

 
毎日職場で「早く帰りたい」と思っていませんか?
 
やりたいことをするために、苦労して今の会社に就職したのに、気づけば毎日の仕事がつまらなくて、苦痛で仕方ない...
 

 

 
それでも、生活のために毎日嫌な思いをしながら満員電車に乗り、仕事をしなければならない。
 
会社の席に着いた瞬間から地獄のような時間が始まり、定時をすぎても周りが残業していて、一人で帰りづらい雰囲気を醸し出している中、空気を読んでつまらない仕事を我慢しながら遅くまでこなす。

 

 
そんな日々を繰り返しているうちにあっという間に1年、2年、5年が経ち、これからの人生もこのままでいいのだろうかと不安を感じますよね。
 
わたしも会社員を1年半やっていたので、毎日仕事がつまらないと思っていました。
 
そして自分なりに工夫して改善しようと奮闘しました。
 
一人でもつまらない仕事から解放されて心が楽になればいいなと思い、実際にわたしがやっていた対策方法を全部公開します。
 

仕事がつまらないと感じる3つの原因

上司に大きな仕事を任せてもらえない

新卒で入社した1年目は、仕事と言えるほどの仕事を与えてもらえず、ほとんど雑用係で終わってしまいます。

 

お茶汲み、コピー取り、誰でもできるような細かい雑務ばかりで、「なんでわたしがこんなことをやっているんだろう」と1度でも思ったことがある人は多いのでは?

 

入社1年目なら仕方ないとして、入社して2年、3年も経つのに、徐々にできる仕事も増えてきて多少大きな業務も任せてもらえるようになったが、それでも物足りなさを感じてしまい、1日中単純な作業をやるだけの日々を繰り返す。

 

人間は新しい環境に慣れればすぐにマンネリ化になるので、毎日繰り返して同じ雑務をこなすだけの日々を過ごすと、必然的に仕事がつまらないと感じてきますよね。

 

今の職種が自分に合ってない

ほとんどの日本企業は、人事部が勝手に誰がどの部署に配属するのかを決めます。

 

一般的に大学文系を卒業した学生は営業職へ配属されることが多いとわたしの周りでは実感しています。

 

中にも営業職が苦手なのに営業部に配属されたという人もいるのでは?

 

仕事とはいえ、苦手なことをやらなければいけないプレッシャーがあると、仕事もつまらなく感じちゃいますよね。

 

同じ部署の人と合わない

会社の人間関係はやっぱり仕事する上でもっとも大事なことだとわたしは思っています。
 
というのも、わたしは1年半の会社員経験を経て、仕事は何をするよりも、誰とするのが大事だと気づきました。
 
仕事の内容がつまらなくても、退屈さえ我慢できればそれほど大きなストレスになりませんが、最悪な人間関係の場合は無限なストレスを感じますよね。
 
せっかく楽しい仕事をやっているのに、嫌な上司や同僚のせいで一気に仕事がつまらなくなります。
 

仕事がつまらない時の3つの解決策

任された業務を手際よくこなし、上司により大きな仕事を求める

新人なうちは誰でもできるような仕事をしか任せてもらえない。

 

これはどこの会社に行ってもおそらく状況は変わらないです。

 

だって上司の立場から見れば何もできない新入社員にいきなり責任のある大きな仕事を与える勇気もないですよね。

 

だったらその上司に認めてもらえば、より大きな仕事をもらえるようになるはずです。

 

とりあえず、今与えられている雑務を秒速で片付けて、しつこいくらいに「何かやることありませんか?」と上司に聞けば、「おっ、この子やる気あるし、仕事も早いからちょっとやってもらおうかな」ってなるかもしれないですよね。

 

人事部と相談し、部署の異動を希望する

そもそも上司が嫌い、もしくは上司に「もっと仕事をください」と言ってもなかなか状況が改善されない場合は、会社の人事部に直接相談してみるのはかなりいいですよ。

 

人事部も社員を適正のある部署で働いてもらいたいので、よっぽどの理由がない限り話を聞き入れてくれるはずです。

 

その際に「どこどこの部署で働きたいです!」と熱意をこもってプレゼンすれば、次の社内異動の時希望する部署に配属してくれる可能性が大きいです。

 

思いっきり転職してみる

上司や人事部に相談して、しばらく時間がすぎてもなかなか改善される見込みがなければ、最終手段としてほかの会社に転職するのが手っ取り早い方法ですね。

 

つまらない環境に長居しても、結局自分の成長を妨げることになるだけです。

 

一度過ぎた時間は2度と戻らないという意識をぜひ常に覚えていて欲しいですね。

 

いきなり会社をやめると、収入が途絶えて生活に影響を与えるので、とりあえず情報収集の方法の一つとして、いろんな転職エージェントや転職サイトに登録してみるといいですよ。

 

わたしも新入社員の時、すぐに転職するつもりがなかったのですが、勢いでいろんな所に登録しまくったら、気づいたら4ヶ月後には新しい会社で働いてました。

 

1日の大半の時間を過ごす会社は、楽しく感じなきゃ、幸せになれるわけがないです。

 

仕事がつまらないと感じていれば、人生そのものもつまらなく感じちゃうのは、本当にもったいないです。

 

環境さえ変えれば人生がガラッと変わるので、仕事がつまらなくて仕方がないのに、どうしても改善できそうにないなら、その会社を見切るのも必要な勇気です。 

 

 

関連記事:

www.yuki-livefreely.com