読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきこの気まぐれNOTE

遊んで暮らす人生を全力で考える雑記ブログ

注文住宅の予算を決める際に必ずに覚えるべきたった1つの方程式

スポンサードリンク

f:id:yukiko0131:20170414142601j:plain
やあ、ゆきこです!!

前回は注文住宅を買うことになった流れを書きました。

www.yuki-livefreely.com


しかし、注文住宅を建てるぞ!!って決めたところで、

まずは何から始めればいいのかよくわからないですよね。




そもそもどこの建築メーカーがいいのか、土地はどうやって探せばいいのか、どういうお家を建てたいのか、予算はいくらなのか、などなど決めなきゃいけないことがたくさんありすぎて、どうしたらいいのかわからないです。


そのような状態で、漠然と動いても時間や労力の無駄だけで終わってしまいますので、

まず、注文住宅を建てると決めたらすぐに、まずは予算を先に決めなければなりません。

何もよりも先に予算を決める

なぜ決めなければいけないことがだらけなのに、先に予算を決めなければいけないのか。

結論から言いますと、予算を先に決めとかないと、全てがあやふやとなってしまい、メーカーと打ち合わせしても抽象的な話しかできず、いつまでも話が進まないからです。


注文住宅を建てることは非常にめんどくさいのをまず覚えておきましょう。


空いてる土地がないとどんな立派な住宅を描いたとしても、現実では建てられないので土地も探さなければいけない。

土地を見つけたとしても、その土地ならどういう建物が建てられるのかを想像しなければいけない。


2階建なのか3階建なのか、部屋は何個なのか、坪数はどうするのか。。。


注文住宅は一見全て自分たちの思い通りの家を建てられるのがメリットである一方、逆に一から全部自分たちでやらなければならないので、非常に心身ともに消耗する作業でもあります。

ここで予め予算を決めとかないと、選択肢も無限に溢れてしまいます。

予算の上限を予め決めといて、この予算の中でなら○○は無理だよね〜のように選択肢を徐々に減らすことが大事です。

注文住宅を建てる上でもっとも重要な1つの方程式


ズバリそれは


予算-土地=建物


例えば予算は4,000万円に決めたとしましょう。


さ〜てどこにお家を建てようかな〜って考えますよね。

いわゆる土地探しです。


やっぱり東京に近くて、かつ駅から近いところがいいから、いい土地にこだわりたいよねって考えたとき、

ちょうどいい土地がありました!

2,500万円です!どーん!


はい!2,500万円の土地買いました!


よし次は建物を建てよう!


 –人人人人人人人人人人–

残り予算1,500万円

 -Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y-


さあ1,500万円でお家を建ててください!!って言うしかないですよね。


しかし、もし事前に予算を決めた際に2,000万円でお家を建てるつもりだった場合は、この時点で500万円足りてません。

当初予定してた予算より500万円を足すか、建てるお家の部分をどこか削って500万円の予算を下げるかしか選択肢はないですよね。


逆にせっかくお家を建てるなら、快適に過ごせるお家にしたいから、お家に多少予算を多めに使ってもいい!


と言う場合は、逆に土地の予算を下げなければいけないので、安い土地を探すことになります。

そうなると都内までは少し距離が離れて、駅からも少し遠くなるなどのデメリットも考慮しなければならない。


限られた予算の中で、建物にお金をかけるか、土地にお金をかけるか、どちらにせよ正解はないですし、一番いいのはもちろん両方妥協せずにお家を建てることですが、なかなか現実では厳しいので、しっかり予算を決めた上で


予算-土地=建物


この方程式を常に意識して進まないと、後々トラブルが起きかねないので、忘れずにしっかり覚えていてくださいね!!

まとめ 予算-土地=建物


しつこいようですが、一見小学生でもわかるような引き算ですが、

現実はかなり頭を悩ませてくれる存在でもあります。


賃貸と違ってお家を建てることは人生ではそう何回もチャンスがないので、

しっかり後悔のないお家作りをしていきましょうね!