ゆきこの気まぐれNOTE

遊んで暮らす人生を全力で考える雑記ブログ

【大学がつまらない】と思ってる全ての大学生に「きっとうまくいく」というインド映画を観てほしい

スポンサードリンク

f:id:yukiko0131:20170302160953p:plain

こんにちわ。ゆきこです^^

オレンジデイズ」のようなあま~いキャンパスライフを夢見て大学に入学したのに、残酷な現実に思い知らされて、毎日つまらない大学生活を送っていませんか?

私も一年間浪人してまでやっとの思いで早稲田に入学したのに、1ヶ月で大学生活に飽きてしまいました。



大学の講義って本当につまらないし、バイトもしなければいけないし、なんのために大学に行ってるんだろう...って一時期本当に憂鬱でした。

そんなもやもやを抱えながら約1年間が過ぎ、大学1年生の冬にインド映画「きっとうまくいく」に出会いました。

そして、とても勇気をもらい、それからも落ち込む度にhuluやアマゾンプライムで繰り返し観てきました。

もうすでに10回以上観た程すっかり虜になっています。

間違いなく私の中での映画ランキング1位なので、大学って思ったよりもつまらないなってかつての私と同じような思いをしてる人にぜひ観てほしいです。

※ネタバレは一切ありません。

インド映画「きっとうまくいく」のストーリー

大学時代親友同士だったファランとラージューは、ある日同窓のチャトルから母校に呼び出される。チャトルは二人に、ランチョーというかつての学友の消息がつかめたことを話し、探しに行こうと持ちかけるのだった。

10年前、インド屈指の難関工科大学ICE(Imperial College of Engineering)。

それぞれに家庭の期待を受けて入学してきたファランとラージュー、そして自由奔放な天才ランチョーの三人は寮でルームメイトとなる。

何をするにも一緒の3人はしばしばバカ騒ぎをやらかし、学長や秀才だったチャトル等から"3 idiots"(三バカ)と呼ばれ目の敵にされていた。

物語は10年前の大学におけるエピソードと現代のランチョーを探す3人の旅を織り交ぜながら、やがてファラン達も知らなかった彼の秘密に迫っていく。

wikipediaより

「きっとうまくいく」のお勧めポイント

あらゆるジャンルのテーマを取り上げている

教育問題とインドの若者の自殺問題を中心にストーリーの展開していきますが、そのほかも友情、愛情、結婚、家族、夢も話もかなり感動的で見応えがあります。

約3時間の映画なので少し長いですが、飽きるような場面は一つもありません。

むしろこれだけ多くのことを取り上げているのに3時間で全部抑え切れるのが本当にすごすぎます。

インド映画ならではの「音楽」と「ダンス」

海外ドラマGLEEを観たことがある人ならイメージがわきやすいです。

本当にいきなり歌いだして踊るんです

「きっとうまくいく」ではインド特有の音楽とダンスを楽しめることもできるので、観てるとついつい楽しくなっちゃいます。

登場人物一人一人の個性が豊か

大学を舞台にしていますが、登場する教授や生徒たちは一人一人のキャラがはっきりしていて、現実でもこういうやついるな~って思わせれくれるキャラも存在します。

なのでかなり現実的で親近感を覚えます。

また一人一人が抱えてる悩みもかなり現実味があって、現代の大学生の葛藤をそのまま映画にぶち込んだ印象はあります。

観終わったあとはとにかくやる気が溢れてくる

一番のお勧めポイントはやはりこれですね。

観た後にとにかくがんばろうってなれるんです。

暇つぶしになれるしやる気が出るし観ない理由はないですね。

まとめ

今日はさくっと書こうと思ったのに、結局また長くなっちゃいました。

暇で暇でどうしようもないって時ぜひ観てみてくださいな。

PS.

huluなら2週間無料でお試しできます。
お試し登録はこちらです::
人気映画・ドラマ・アニメが見放題

アマゾンプライムは1ヶ月間無料でお試しできます。
アマゾンプライム入会はこちら::
Amazonプライム