読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきこの気まぐれNOTE

遊んで暮らす人生を全力で考える雑記ブログ

最安のKindleでも十分と感じたので、レビューします

スポンサードリンク

今までほとんど本を読まなかった私ですが、
ブログを書き始めてから明らかインプットの量が足りないなと
痛感したので、
アマゾンプライム会員の特権を駆使し、
8,980円のkindleを4,980円で購入しました。

※アマゾンプライム会員はだれでも4,000円引きです!



一番安いモデルのkindleですが、
特に不便だと感じたこともなく、
快適な読書ライフを過ごせているので、
レビューを書いてみたいと思います。


ちょうどいい大きさ&薄さ&重さ

f:id:yukiko0131:20170214145705j:plain
(え?手帳?)

f:id:yukiko0131:20170214150544j:plain
じゃじゃん!!

カバーはこれです。
(画像をクリックするとページに飛びます)

1,950円でおしゃれな柄で質もいいので、
気に入ってます。


マグネット入りなのでパカッて閉じます。

一番人気のあるPaperWhiteよりもサイズが小さくて軽いです。
Kindleが160 x 115 x 9.1mm PaperWhiteが169 x 117 x 9.1mmとなっています。


Kindleが161g、KindlePaperWhiteが205gと60gの差があります。
体感的には違いが分からないかもしれないですが…

文字の大きさを変えられるので1ページの情報量を変更できる

上の部分にタッチするとこのような画面になります。

f:id:yukiko0131:20170214150005j:plain

Aaの部分を選ぶと、こうなります。

試しに一番小さい文字サイズを変更してみましょう。

こんなふうに文字が小さくなりますが、1ページに掲載する文字数が大幅に増えます。

f:id:yukiko0131:20170214150022j:plain

ちなみに一番大きい文字サイズに変更したらこんな感じになります。

f:id:yukiko0131:20170214150032j:plain

なんだかよくわからなくなりましたが、
サイズの変更が可能なので、kindle本体の画面は小さいですが、
自分の一番読みやすい文字のサイズに変えればほとんどストレスなく
快適に読めます。


ページを飛ぶことができる

「そういえばもう1回あそこを読みたいな~」
「前読んでた内容はなんだっけ?」

と本を読んでる最中に思うことが出てくるかもしれません。

紙の本の場合はぱらぱらとページをめくればいいですが、
Kindleの場合も可能です。

先ほどと同じように上の部分を軽くタッチして
この画面が出てきたら左側の「移動」をタッチし、

f:id:yukiko0131:20170214150005j:plain

すると今読んでいる本の目次一覧が出てきます。

f:id:yukiko0131:20170214150109j:plain

章ごとにさらに細かくカテゴリーが分けられるので、
読みたいページに直接飛ばせることができます。

f:id:yukiko0131:20170214150122j:plain

9,890円のKindleと14,280円のpaperwhiteの違い

Kindleってぐぐるとやたらとpaperwhiteをお勧めする記事が
出てきます。

私はkindleを購入する前に一番安いkindleと一番人気のpaperwhiteの違いは何?と
いまいちよくわかりませんでした。

機能はそんなに大して変わらないとどこかで見たので、
お金を節約するために一番安いkindleを購入しました。

アマゾンプライム会員なので実質5,000円ほどで購入できました。

実際にkindleが届いてからようやく初めて違いを理解できました。


paperwhiteにはバックライト機能が搭載されています。
バックライト機能?って言われてもピンとこないと思います。

私も???って感じでした。

この写真を見てみてください。

Kindleと私のパソコンの違い何かわかりますか?

f:id:yukiko0131:20170214150140j:plain

今部屋の照明は比較的に暗いですが、
パソコンの画面はよく明るいよね?

しかしkindleは画面が暗くて、ちょっと見づらい感じですね。

これがkindleとpaperwhiteの最大の違いです。

ようはpaperwhiteは暗い場所でも内側から光を出すので、
寝る前に部屋を暗くしてから読書したい!って人には
最適ですね。

最安のKindleは暗い場所ではほとんど何も見えないので、
明るいところでしか読書できません。

私は基本的に明るい部屋で読書したいので、
バックライト機能がついてなくても、何の影響もありません。

なので、全然8,980円の最安のkindleでもストレスなく
快適な読書ライフを過ごせています。


毎月1冊の本を無料で読めるのが最大の魅力

ホーム画面に戻り、ストアボタンを押します。


f:id:yukiko0131:20170214150203j:plain

一番下までスクロールすると、
「こちらもチャック」のところに
プライム会員月1冊無料と書いてあります。

f:id:yukiko0131:20170214150923j:plain

そこをクリックすると、本の一覧が出てきます。
この中から読みたい本を1冊選んで無料で読むことができます。

ちなみに今現在2017年2月は
約128万冊の本があります。

f:id:yukiko0131:20170214150436j:plain

よく見てみると「7つの習慣」「夢をかなえる象」など
有名な本もちらほらあります。

月に1,000円の本を無料で読めたとしても、
一年で12,000円を節約することになるので、お得感満載です。


紙の本よりkindleで買ったほうが値段が安い

例えば「嫌われる勇気」という本を見てみましょう。

f:id:yukiko0131:20170214150330j:plain

見えますか?

小さくて見づらいですね...

でも撮りなおすのはめんどくさいので、
このまま行きます。

紙の本の価格は1,620円と書いてあります。

kindle価格を見てみると、1,296円です。

324円も安くなってます。

先ほどの「7つの習慣」も今月無料で読めるようになっていますが、
購入する場合は
紙の本の価格は2,376円です。

f:id:yukiko0131:20170214150414j:plain

少し高めですね。

kindle価格だと1,620円なので、
756円もお得になってます。

ラーメンいっぱい食べれる差額です。

この差は積み重ねるとかなりの差額になるので
バカにできませんよ。

まとめ

通常kindleのモデルのメリット
・値段が一番安い
・暗いところで読めないところ以外paper whiteと変わらない
・paper whiteより小さい

Kindleという電子書籍を使うメリット
・アマゾンプライム会員になると5,000円以内で購入できる
・紙の本よりkindleで買ったほうが安い
・数千冊の本を保存できるので、持ち運びは便利
・読みたい本があればポチればすぐに読める

さくさく読めてほとんどストレスないので、
読書好きでkindle買おうかなって悩んでる人は
とりあえず一番安いNEWモデルのkindleを買うといいです。



暗いところで読みたいよって人は
14,280円のPaperwhiteを購入してね!


アマゾンプライム会員に入ると
4,000円引きになるので、まだ会員になってない人は
会員になってから買うことをお勧めします!

入会費が年間で3,900円なので、4,000円引きにしたら
実質ただ!?でプライム会員になれます。

ついでにアマゾンプライムビデオで映画・ドラマが見放題なので、
入らなきゃ損ですよ!