ゆきこの気まぐれNOTE

遊んで暮らす人生を全力で考える雑記ブログ

新卒入社して3年未満だから転職は不安…と感じてる人、3年未満でも転職はできると断言する!

スポンサードリンク

f:id:yukiko0131:20170207164612j:plain

こんにちは。1年半で会社を2社も退職し、現在ニートを満喫しています。ゆきこです^^

2016年に大学を卒業し会社に入った人なら、もうすぐ社会人になって1年がたちますね。

現在は大卒の新卒の3割が入社して3年以内に退職してしまう時代ですね。

そして調査では、新卒1年目で退職する人の割合が13.6%で、2年目や3年目よりも辞めた人の数が多いのです。



私自身も1社目は11ヶ月で辞めてしまったので、しっかりこの調査に貢献しています(*^。^*)

実際に退職したのは入社してから11ヶ月は経ったのですが、実は私の場合、入社初日で「しまった、この会社無理かも…でもさすがに辞めるには早すぎるかな」って思ってなかなか転職活動を始められずにいました。

それから毎朝出勤時間のぎりぎりまで寝て、「会社行きたない!!!!」と叫びながら布団から飛び出し、30分で仕度して死んだ目で電車に乗り込み、会社の最寄駅までひたすらぼーっと窓の外を眺めてました。

会社に一歩ずつ近づくのにつれて、心臓が痛み始めます。またつらい一日の始まりだ…と会社の入ったビルに足を踏み入れながらぼそぼそとつぶやいてました。

今考えるとあの時は本当に病んでいました。

「会社を辞めたい!でもまだ入って3年どころか数か月だし…転職してもどうせ無理だろうな…」と思い込んでいました。

世間でよく言われているようにとりあえず3年働いてから転職しよう!と自分の中でひそかに目標を立てていました。

この記事を読んでくれているあなたも、同じような悩みを抱えているのではないですか?

結論を申し上げますと、「新卒入社3年未満でも、転職はできる!だから、悩む必要はない!」


転職案外あっさりできた


入社して半年が過ぎ、確かあれは11月のとある金曜日。

私は夜遅くまで残業していました。だれもいない静まり返ったオフィスを全体的に見渡り、「ここで働くのは嫌だな~」と思わず愚痴をこぼしました。

どうしたらもう少しモチベーションがあがるのかな?としばらく考え込む。

すると、とりあえず今すぐ転職しないけど、転職サイトに登録して情報集めだけでもしとこうかなと思い浮かびました。

そしてその場ですぐにググりました。

「新卒1年未満 転職」「新卒1年未満 退職」「第二新卒」などなど思いつく限り色んなキーワードを入れてひたすら検索しました。

転職のエージェントも5~6個ほど一気に登録しました。

後日も各社のキャリアアドバイザーと実際に会って面談を行いました。

キャリアアドバイザーの中では、入社期間が短くて実績もない状態で転職するのは不利だという人もいれば、

働く期間は関係ないし、会社の募集時期も様々だから、せっかくいい会社があっても応募しないと機会を損失してるだけと言う人もいました。
正直にいってどちらの意見も正しいです。

とはいえ、自分の合う会社はどういう会社なのか、どういう仕事がしたいのか全然わかりませんでした。

というのも、私自身は何ができるのか、得意なことは何?と自問自答しても全然答えられないくらい自信がなかったです。

自己PRとかは昔から大の苦手でした。

得意なことなし、飽きっぽくて学生時代のアルバイトも長く続いたことはない。滑舌も悪くて、面接の時は緊張して頭の中が空っぽになってしまう。

さらに絶望的なのは早稲田大学を出ているのに無名の中小メーカー企業に就職してしまい、1年未満で辞めようとしています。

同じ大学の同級生のほとんどは日本国内有数の大手企業に入社しています。劣等感というものを感じたことはなかったが、転職して面接する際にやはり面接官にどうして「今の会社に入社したのですか?」と聞かれたら「どこでもよかったです」としか回答が思い浮かばなかったです。

実際にこの場面は頭の中で何回も想像してしまって、「転職活動して書類選考が通ったとしても面接は怖いな…」と恐怖心を持ち始め、数人のアドバイバイザーとの面談が終わってもなかなか積極的に転職活動を行おうとしませんでした。

そして1ヶ月が経ち、12月の終わりが近づききました。

11月に面談をしてくれたアドバイザーの一人からのメールが目に留まりました。

私は社会人になってから人材業界に興味を持ち始めました。

私自身も人材紹介会社を通して1社目に入社し、半年間に渡りずっと私の愚痴を聞いてくれるアドバイザーがいました。

相談しているうちに彼のような人の役に立つ仕事がしたいなと漠然と思うようになりました。
そして偶然に同じような人材サービス会社の求人票がメールで来ていました。

1秒後に「応募します」とメールで伝えました。

それから履歴書を作成し、1週間後に書類選考通過の連絡をいただき、2回の面接を経てわずか1ヶ月ちょっとで内定を獲得しました。

簡単に時間軸でまとめると

12月の終わりに応募すると決める

1月初めに書類を提出し

1月下旬に2回面接を行い

2月上旬に社長・役員最終面接→その場で内定

そして2月に新卒入社の会社を退職し、3月から新しい職場で働くことになりました。

在職期間はわずか11か月です。

転職活動を自ら積極的に始めたわけではないです。

ただ情報収集できればいいなという軽い気持ちで転職エージェントを利用しただけでした。

結果的にその時の行動が転職活動の成功に繋がりました。

哲学っぽく言うとチャンスを自分から掴みに行った訳ではなくて、予め準備を済ませていたらチャンスが転がり込んできて、うまくチャンスをキャッチできたかなって感じです。

まとめ


「石の上にも3年」という言葉、もう耳に豆ができるほど聞いてきた言葉でしょう。

確かに結果が出るまでに長い時間をかけて努力し続ける必要はありますが、それはあくまでも何かのスキルを身につけるのに必要の時間です。

3年働かないと転職できないという時代はすでに終わりました。

第二新卒の採用を積極的に行う会社が増えています。

転職はしたいなって少しでも思っているならば、まずは気軽に転職エージェントに登録するところからお勧めします。