読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきこの気まぐれNOTE

遊んで暮らす人生を全力で考える雑記ブログ

1浪して早稲田に合格した私から見た浪人しても失敗する人の特徴5選

スポンサードリンク

こんにちわ、
早稲田文構OGのゆきこです^^

私は現役JK時代は女子サッカー部に所属して毎日サッカー漬けでした。

引退した後も毎日放課後友だちとマックで恋バナしたりカラオケ行ったりして遊んでばかりだったので、

当然その結果大学はどこにも受からずあっさり浪人することになってしまいました。

浪人時代は週6塾に行って朝から晩まで勉強漬けの日々
でした。



努力した甲斐もあって2回目の受験で早稲田に合格できました。

しかし、同じ塾に通っていても私のように第一志望の大学に合格した人はごく少数でした。

では浪人したのにも関わらず失敗してしまう人の特徴は何?と分析してみたところ、

だいたい大きく分けて5パターンあります。

また、受験失敗という言葉の定義も人によって事情が違っており、かなり曖昧なので、

この記事では第一志望あるいは第一志望と同じレベルの大学に合格できなかったことを指す。

浪人したのに失敗する人の特徴5つ

やりたいこと・行きたい学部が明確ではない人

そもそもこういう人ってなんで浪人するの?って聞きたいくらいです。

適当なところに行けばいいのにって思うんですけど、

だいたいこういう人って無駄にプライドが高いんです

だってブランドのある大学に行ったほうがかっこいいに決まってる。

浪人するのはいいものの、いざ勉強に向き合ってみると、モチベーションの維持が難しく、途中から挫折しやすいです。

夏頃にかけて基礎を固めるから最初はいいですが、

後半になってくると各自受験する大学と学部の試験対策に入らないといけないのに

どこに重点を置いて勉強すればいいのか分からず、結果実力が身につかないまま受験期を迎えてしまう人が多いです。

受験するところも身の丈と合ってないところを選んで失敗してしまいます。

また、予備校に行っただけで、もしくは参考書を買っただけで勉強した気になった人が多いのが特徴です。


理想は高いが意志が弱い人

早稲田に行きたい。慶応に行きたい。

行きたい大学が明確な人も確かにいます。

しかし、意思が弱いので勉強よりも様々な誘惑に負けてしまいます

浪人って生半可な気持ちで臨むと痛い目にあいます。

こういう人はやたらと息抜きの時間が長いです。

大学生になった高校の友人としょっちゅう遊びに行ったり、同じ予備校で知り合った異性と恋愛したり、

勉強以外のことに力を注ぐ傾向があります。

そして夏以降になるとだんだん予備校に通わなくなります。

実際にどの塾も通う塾生がだんだん減っていくのが何よりの証拠です。

浪人生は毎日何時間も机に向かって勉強する覚悟がないと続けられないです。

勉強という作業も実に退屈で苦痛です。

意志が弱い人は必ず耐えられずに途中でギブアップします


現役ではMARCHに受かったけどやっぱい早慶だよね~っていう人

こういう人は特に要注意です。

最初は浪人生の中で偏差値は高めなので、できない人と比べるとついつい油断しちゃうんですよね。

現役でMARCH受かってるんだから1年浪人すれば早慶は余裕でしょって思うかもしれません。

確かに最初から偏差値が高いほうが有利ではありますが、浪人生には1年という長い猶予期間が与えられているので、呑気にしてるとあっという間に追い抜かれてしまいます。

2年目も滑り止め要員として昨年受かった大学と学部に受験するが、

そこすら落ちてしまうときこの残酷な現実を受け止めなければいけない。

精神的ダメージはかなり大です。

実際に私と同じ塾に通ってた一人の女の子が現役時代明治大学に受かったのにもかかわらず、

どうしても早稲田に行きたいから2年目早稲田の全ての学部と現役時代受かった明治を受験したところ、

結果は受かった学部は一つもなく、その後誰からも連絡が取れず消息不明になってしまいました。

その子は塾でもかなり成績がいいほうだったので、みんな衝撃を受けました。


宅浪する人

浪人するには一番大事なことはモチベーションの維持です。

しかし人間って弱い生き物だからモチベーションなんてあっという間に崩れ去っていきます。

宅浪すると常に一人で勉強に向き合わなければなりません。

叱ってくれる人もいなければ相談に乗ってくれる人もいません。

わからないことがあったら教えてくれる人もいません。

その上に常に孤独との闘いになります。

環境は人間に大きな影響を与えるので、自宅はそもそも長期的に勉強できる環境ではない。

テレビやゲームの誘惑も多いし、ストレスで家族との関係もギクシャクになりやすいです。

また、独学で勉強する場合はどうしても限界があります。

予備校の先生はそういった意味では受験対策を教えてくれるプロなので、プロに直接教わったほうが断然成長が早いです。


現役時代に受験勉強頑張ったのに第一志望と偏差値が10以上離れてる

人はそれぞれ得なことや苦手なことがあります。

ビリギャルは偏差値40から慶應に受かったという話は有名ですが

それは全員ができることではありません。

現役時代勉強さぼってた人なら浪人すれば偏差値を10以上あげることは可能ですが、

がんばったのに全然叶わなかったという人は素直に諦めたほうがいいです。

受験勉強において才能がないのです。

ものすごく頑張ったのにちっとも効果が出ないという人は私の周りだけでもたくさんいました。

勉強方法が悪い可能性もあるのですが、

それよりもその人にとって今のレベルが限界だったかのように感じました。

そういう時は私は勉強ができないダメなやつなんだと落ち込まずに、

さっさと現役で受かった大学に入学し、大学で別の才能を開花させたほうがよっぱど将来性があります。

最後に一言アドバイス

2浪は絶対やめましょう!!