読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきこの気まぐれNOTE

遊んで暮らす人生を全力で考える雑記ブログ

今の会社ってクソつまらないなと思ってる人はさっさと転職すべし

スポンサードリンク

会社を辞めて2か月経ちました。
ゆきこです^^

最近ネットではフリーランスやらノマドワーカーやらはサイコーって

よく見かけますが、日本の大卒の9割が企業に就職しているのが事実ですし、

会社員からいきなりフリーになる!って口では簡単に言えるけど、

実際になかなか行動に移せないので、

一般の多くの人は会社を辞めたいと思う時にまず転職を頭の中で思い浮かぶじゃないでしょうか。





そんな中でも卒業して社会人経験まだ3年も経ってないんだけど…とか

転職したばかりだけど失敗しちゃったな…って悩んでいる人も多いはず

私も実際にそうでしたし、自分のキャリアについてかなり悩んでいました

しかし、1年半で会社を2社も辞めた私が今になって当時を振り返ってみると、

くよくよ悩まないでもっと早く行動を起こせばよかったな…って思ってます





はっきり言って悩んでる時間は無駄!!

突然ですが質問です

あなたはなぜ会社に就職しようと思ったのですか?

そしてなぜ今の会社を選んだのですか?

当初自分が就職する目的をはっきり思い出してみよう

目的はどんなくだらない内容でもかまわない

例えば給料がよかった、実家から通える範囲だからなどなんでもいい

そして今現在何に悩んでいるのかを思いつく限り紙に書き出してみよう

上司の仕事の進み方が気に入らない、残業が多いとか不満な点を全部書こう

最後に、当初の就職した目的と今の仕事の悩みを照らし合わせしてみよう

目的と悩みは一致してますか?

もし目的と悩みが一致していないのであれば、

さっさと今の会社に見切りをつけて転職しましょう

目的達成のために会社に入ったのに、目的とまったく違うことに悩んでいたらいつまでも

目的は達成できないですよ?

極端に言えば、だいたいの人は生きていくためのお金が必要だから

仕方なく会社で働いてる

つまり、お金をもらうのが目的で会社に就職し、時間と引き換えに毎月一定の給料をもらうという契約なんだから

始業時間ぴったりに会社に行き、定時ぴったりに退社して、その間に業務をこなせばいいっていう単純な話のはず

しかし、現状は多くの人はできてないですよね?

もっと早く会社に行かないとあーだこーだ言われるわ

残業しないで定時退社とかありえないわ

はっきり言ってその悩み自体めっちゃ無駄ですわ

本来悩むべきではないことに貴重な時間を割いて悩むのいい加減辞めよう?


嫌だなと思ってる時点で会社と合わない証拠

プライベートで付き合う友人や恋人は気が合う人を選びたいですよね?

気が合わない人と仲良くなったところで

一時的にはいいかもしれないですけど

次第に価値観の違いによってお互い離れていきますよね?

実は会社だって同じように考えればいいんです

会社と合わないなって思う時はだいたい社風が合わないか、業務内容が合わないか、

上司や同僚が合わないかのどれかである

自分さえ我慢すればいいという考え方は危険です

日本人は我慢を美徳として崇拝していますし、

我慢できないやつを根性なしだとけなす

そんな常識なんてクソくらえって感じです

我慢したところで問題は何も解決しやしないし、

むしろ都合のいい人だというレッテルを貼られるだけです

そんな環境で仕事してても精神的にも決していい影響を与えないので

とにかく自分に合う会社を見つけてさっさと転職しましょう


何もしないでいるといずれもっと早くやればよかったと後悔する

「死ぬときに後悔すること25」という本は知ってますか?


その中に自分のやりたいことをやらなかった

という項目が入っています

会社辞めたいのに辞めないでいるといずれ後悔する日はきます

人生は長いようで実は短い。1日でも無駄にできない

この本と出逢えたあなたはラッキーです

だってまだ充分人生を挽回できますからね

いざもう死ぬんだ!っていう時に後悔しても何もできないからね

会社なんて日本だけでも数百万社も存在する

自分から動かなければ何も変わらないですが、

いざ行動してみると案外あっさりと人生を変えられるもんです


それでも転職する勇気がない人へ

転職ってそんなに気軽にできることじゃないよ!って弱気な人もいると思います

最近では20代の転職を支援するエージェントも増えてきて、サービスも充実してるので

まずは色んなサイトに登録してみることをお勧めする

そのエージェントのほとんどは無料でキャリアアドバイザーと相談できるし

客観的な意見をもらうことで自分は果たして転職すべきかそれとももう少し今の会社にいるべきか

明確な答えが見えてきます